リンパマッサージの資格を取るには

エステサロンや専用のサロンなどで行なわれている美容技術のリンパマッサージ、最近ではこの専門の技術を身につけようと勉強をしている方たちも多くなってきているようです。

それは、美容の分野だけではなく、リンパマッサージには心身に癒しを与える効果があることから、介護施設、リハビリ施設などの福祉の現場や医療の場でも治療として行なわれており、そのスキルを身につける必要があるからでしょう。美容と健康によい治療方法なのです。

リンパマッサージの治療を仕事として行ないたい場合に身につけなくてはいけないのは、施術の方法と、全身をめぐっているリンパの流れをしっかりと理解しておくことです。リンパの流れは体のリンパ部分によって異なるため、流れている方向が分かっていないと効果的な施術はできません。

解剖学や生理学、栄養学などの勉強も必要不可欠

また、リンパについてだけではなく、解剖学や生理学、栄養学などの勉強も必要不可欠です。もちろんリンパの流れによって引き起こされる体調不良や病気などについてもきちんと知っておかなくてはいけません。いろいろと、広範囲の勉強が必要になります。

リンパマッサージの資格取得のためには、日本リンパマッサージ協会が行なっている講習を受けなくてはいけません。講習をすべて受けて検定に合格すると資格認定をしてもらえます。初級、中級、上級の3段階に分けられています。

なお、日本ドレナージュ協会でも検定が行なわれています。1級、2級の検定資格があります。検定については、各協会のホームページでチェックしてください。検定の詳細やいろいろな情報が掲載されています。